婚姻届の書き方

婚姻届記入例

婚姻届の提出に必要なもの

■身分証明書

婚姻届の提出時には、本人を確認できる写真付きの書類を提示する必要があります。
また、運転免許証やパスポートは有効期限内のものでなければならないので、
事前に期限が切れていないか確認しておきましょう。

■戸籍謄本
または戸籍抄本

本籍のない市区町村の役所で婚姻届を提出する場合は、戸籍謄本または戸籍抄本が必要になります。
戸籍謄(抄)本は自身の本籍地でしか発行できないので、早めに準備するよう注意してください。

■住所変更届
(転入届・転出届)

転入・転出が発生する場合のみ必要となります。
同じ市区町村内で引っ越す場合は、転居届を提出します。

■二人の旧姓の印鑑

婚姻届に不備があった場合、訂正印として使います。念のため持っていくと安心です。

婚姻届の項目解説

■届出日

実際に役所へ提出する日を記入しましょう。記載事項に不備がなければ届出日の日付できちんと受理してもらえます。
婚姻届の受理は、市区町村の役所で基本的に24時間受け付けています。
届出日の日付を土日祝にした場合、役所の職員が受け取るのは通常の営業日となりますが、内容に不備がなければ希望の届出日になります。

■氏名

夫婦ともに入籍前の氏名を、戸籍通りの表記で記入します。戸籍に旧字体で書かれている人は、旧字体を使います。
また、旧字体から新字体に変えたい場合は「その他」欄にその旨を記入すれば変更が可能です。

■住所

住民票の住所を記入します。婚姻届を提出する時点での住民票がある住所です。
既に転入届・転居届を提出している場合は住所欄に新しい住所を書きましょう。
婚姻届に新住所を記載して提出しただけでは住所は変更されません。
住所を同時に変更する場合には、住所変更届(転入届・転居届)を同時に提出した上で、新しい住所を記入しましょう。
夫・妻が同じ住所に住む場合、妻の住所欄は「夫と同じ」と記入することも可能です。

■本籍

本籍地と筆頭者を記入します。筆頭者は戸籍の最初に記載されている名前です。不明な場合は戸籍謄本で確認できます。

■父母の氏名

お二人のご両親の氏名を記入します。ご両親の苗字が同じ場合は、お母様の姓は書かずにお名前だけ記入します。
ご両親が離婚している場合は、父母ともに現在の氏名をそれぞれ記入しましょう。
どなたかが亡くなっている場合も、氏名を記入しましょう。
「続き柄」は「長男」「長女」「二男」「二女」などを記入しましょう。

■婚姻後の夫婦の氏・
新しい本籍

「夫の氏」「妻の氏」いずれかを選択しチェックを入れましょう。新しい戸籍の筆頭者となります。
「新しい本籍」には新たな本籍地を記入します。
本籍地は日本の土地台帳の記載地ならどこでも指定することが可能ですが、
通常は二人が住む新居の住所、夫の実家、妻の実家などを記入します。
戸籍謄(抄)本を取りに行くのに便利な場所にするのがおすすめです。
遠い場所を本籍地にした場合の戸籍謄(抄)本取得方法は
・役所の窓口に直接訪問する
・郵送での取り寄せを請求する
・委任状を書き、代理人に取りに行ってもらう
という方法があります。

■同居を始めたとき

結婚式を挙げた日、もしくは同居を始めた日のうち早いほうの日付を記入します。
どちらも未定の場合は空欄で構いません。

■初婚・再婚の別

再婚の場合、直前の婚姻について記載します。

■同居を始める前の
夫婦のそれぞれの
世帯のおもな仕事

一人暮らしだった場合は自分の職業、親と同居していた場合は世帯主の職業を選択します。

■夫妻の職業

国勢調査のある年度に入籍する場合のみ、記入します。国勢調査は5年ごとに行われ、次回は2020年です。
記入する際は「職業一覧(役所の窓口に設置)」から該当するものを選んで記入しましょう。

■その他

夫婦のいずれか(あるいは両方)が20歳以下の場合、ご両親の同意の旨と署名押印を記載します。(別紙でも可)

■届出人

夫婦それぞれ旧姓(入籍前の氏名)を、直筆で署名します。

■押印

実印(役所に印鑑登録したもの)はもちろん認印(日常使う既製品のもの)でも問題ありませんが、ゴム印・シャチハタは認められないのでご注意ください。

■訂正印

記入枠左側の「訂正印」欄に、押印欄と同じ印鑑で捨印を押印します。

■証人欄

20才以上の方2名(両親、上司、友人など関係性は問いません)に、 氏名、生年月日、住所、本籍を自筆で記入、押印(認印でも可)してもらいます。
証人が夫婦の場合、印はそれぞれ異なるものをご用意ください。

■連絡先

提出した婚姻届に不備があった場合に役所が連絡をとるための欄です。 携帯電話や仕事先など、日中で連絡がとれる番号を記入しましょう。

TOPへ