婚姻届

婚姻届の提出に使う印鑑(実印)のまとめ知識

婚姻届を出す際に印鑑もせっかくなので買い揃えてみようか?・・・という事で、印鑑(実印)をこのタイミングで購入される方は結構いらっしゃいます。

そこで印鑑(実印)に関して購入する際に知っておきたいことや、知っておくと良い情報をお届けします。

印鑑の基礎知識まとめ

実印ってなに?

実印とは「住んでいる市町村の役所で登録を行った印鑑の事でいわゆる「印鑑登録」を行った印鑑の事を言います。「印鑑登録」を行った実印は、法律・社会的権利や義務を伴い法的な効力を持つようになります。」

印鑑を買うだけでは実印にはならないのですね。市役所に印鑑登録をすることで初めて法的な効力を持つ印鑑(実印)になります。

もちろん悪用されないようにしっかりと管理と保存をする必要があります。

逆に実印以外の登録をしていない印鑑の事を「認印」と言います。

また安価な印鑑として「シャチハタ印」「三文判」があります。

実印の使用例

・家やマンションの取引

・遺産相続

・会社法人の設立

ところで婚姻届の提出に実印は必要なのでしょうか?

結論、婚姻届の提出に実印は必要ありません。

印鑑には他にも・・・

銀行印「銀行の開設時に届け出た印鑑」

訂正印「修正箇所の修正を証明するための印鑑」

三文判「既製品で販売されいる安価な印鑑の総称 同じ形が存在します。」

シャチハタ印「シャチハタが販売するゴム製の印鑑・またはシャチハタに限らずゴム製の印鑑も指す」

実は、特にこの印鑑を使わないと行けないとは決まっていません。

決まってはいませんが、シャチハタ印は年数が経つと形が崩れる可能性があるのと、数年で壊れて使えなくなる可能性があるので使用できない事となっています。

印鑑の素材について

印鑑の素材には様々な種類があります。それぞれの特徴を紹介します。

象牙・黒水牛・白水牛・つげ

開運として人気の高い素材です。生まれた年月によって相性の良い素材などが存在ます。もちろん値段も非常に高価となっています。

運気に興味がある方は調べてみるのも良いかと思います。

チタン・ブラックチタン・カーボンチタン・ゴールドチタン

最近、動物愛護の観点で上の象牙・黒水牛・白水牛・つげは国際上の取引制限があるのと、また使用自体を懸念する声も上がっています。

その為、現在はチタン製の印鑑の人気が高くなっています。スタイリッシュで劣化がしないため人気です。

新しい門出。せっかく婚姻届を提出する際には新しいこだわりの印鑑を、オリジナルで作って見るのも良いのではないでしょうか?

 

この記事をシェア

出生届

Facebook(large)

LINE

todokeの公式アカウントをフォロー

todokeの公式アカウントをフォロー