gahag-0037066635-1

『彼に結婚する条件のひとつとして男性アイドルの追っかけをやめることと言われました…この先もアイドルを応援し続けたい私はダメ嫁?』【松本リリィ】

こんにちは、『ブラックtodoke』編集部です。

こちらはいただいた相談やあるあるなお悩みにちょっと辛口でズバッと答えていく新コーナー。
元教師である博多のおばちゃんライター松本リリィが人生相談に真剣にお答えます。
今回のテーマ&お悩みはこちら。 

『彼に結婚する条件のひとつとして男性アイドルの追っかけをやめることと言われました…この先もアイドルを応援し続けたい私はダメ嫁?』

婚約中の彼に結婚する条件のひとつとして、男性アイドルの追っかけをやめることと言われました。
私はこの先もずっとアイドルを応援し続けたい…けど、アイドルの追っかけをする妻ってダメ嫁ですか?

(25歳/女性/事務)

gahag-0111019048-1

追っかけと応援は違う…一旦は人生の伴侶となる人からの願いを聞き入れよう

厳しい言い方をするようですが、一旦アイドルの追っかけは、辞めた方がよいと思います。

結婚するというのは、それなりの責任を持たねばならないということ。
あなたが独身主義者で、それ相応の収入もあって、社会的義務も両親に対しての義務も果たした上で、自分の趣味としての〈アイドルの追っかけ〉をするのは、全く問題ないと思います。

しかしあなたは人生の伴侶として彼を選び、「結婚」という人生のセレモニーを挙げる事を約束しました。
「結婚」は、伴侶にも周囲の人達にも、自分達はひとつの家庭を持ち、人生を共にすると宣誓をする事でもあります。
その上で、伴侶が辞めて欲しいという事は受け入れるべきだと私は思います。

todoke_SNS④

ここでいう彼の〈追っかけ〉とは、自分達の時間をアイドルに使う事を指しているのではないでしょうか。

もし旦那様が結婚しても、女性アイドルの追っかけをしていたら、あなた自身はどう思われますか?
少なくとも、自分の娘の旦那様になる人がアイドルを追っかけていると聞けば、私は複雑な気持ちになります。

同じような思いが年配者にある事は、知っておいた方がよいと思います。

あなたの一つの趣味として、アイドルを応援する事は全く構いません。
ただ、〈応援〉と〈追っかけ〉は別だという認識を持ってください。

 

結婚を選択したなら家庭の維持も仕事のうち

trousers-underwear-nostalgia-past-54611-large

結婚すると、親戚が増えます。
旦那様をはじめ、将来出来るかも知れない子供・自分の両親・旦那様の両親。

家庭を維持していくと言う事は、とても大変な事です。
自分の24時間は、自分だけのものだとは言えなくなります。
勿論、あなたの為の時間も必要ですが、まずは相手と取り決めた責任を果たしてから、自分の時間を作るとよいでしょう。

自分の時間の範囲なら好きなアイドルの番組を見ようと、音楽を聴こうと、構わないと思います。

要は、程度の問題です。

私の周りには、還流スターの追っかけをしているおばちゃんたちが沢山います。
私も韓国ドラマは好きですから気持ちは分かります。

ヨン様で疑似恋愛しているといわれると、ちょっと引いてしまいますが、子育ても終了し空いた時間を使って好きなアイドルを追っかける事は、おばちゃん達の第二の青春かも知れません。

あなたがこの年齢まで来ると、再度追っかけをしても誰も何も言わなくなるかも知れませんが、求められている今は、一旦距離をおくべき時でしょう。

gahag-0110936065-1

あなたの旦那様はある意味で、あなたが追っかけているアイドルに嫉妬しているのかも知れません。それはそれで、ほほえましいじゃないですか。
愛されているという証拠です。

あきらかに言える事は、アイドルはあなたに直接何かをしてくれる訳ではないということ。
しかし、旦那様やこれから生まれて来るかも知れない子供は、あなたの人生に具体的な幸福を与えてくれるはずです。

それでいて、お互い自分だけの時間を大切にするようになった時には、お互い好きな事をして楽しみましょう。
嗜好(あなたのアイドル)について、とやかく言われる筋合いはありませんから。

とにかく、まずは大人としての責任をまっとうする事からスタートしてください。
大事な事は相手を思いやる気持ち。

そうやって少しずつ成長し、家庭を作り上げていってください。

yuriko 松本リリイ
博多のおばちゃんライター。元教師で問題児から外国人まで指導歴多数。
某大学 体育学部にて教育義手として就職後、某学校法人 専門学校にて副校長を歴任。
現在は、九州各高校にて講演活動中。一環して教育に携わり続けている。

001-2-2