呼びたいけど呼べない・・・人数オーバー!!結婚式の招待客を絞り込む方法

結婚式たくさんの人を招きたい!!だけど人数オーバー・・・どうしよう!?

結婚式準備の中でも、意外にも時間がかかって大変なのが招待客選び。
せっかくの結婚式だから、お世話になった人、大好きな友人、みんなに来てもらいたいもの。
ですが、あの人も、この人も・・・。と、どんどん呼びたい人数が増えていって定員オーバー・・・なんてことに。

今回は、選別が難しい結婚式のゲストを絞り込む方法をご紹介します。

 

招待客を絞り込む方法ステップ①:まずは全てリストアップ

gahag-0056802257-1

とにもかくにも、まずはリストアップからはじめてみましょう。
家族や親戚、学生時代からの友人、バイト先、仕事先の上司や同僚、お世話になった恩師など、自分の結婚式に招きたい人をリストアップしてください。

また、最近では異性の友人を結婚式へ招く方も多くいますが基本的にはタブーとされています。
もし呼びたい異性の友人がいるのであれば、夫、あるいは妻に確認をとり、常識がないと思われないためにも両家の許可もとっておく方が良いかもしれません。

 

招待客を絞り込む方法ステップ②遠いからといって招待しないはNG!?

gahag-0106673472-1

リストアップが完了し、さてここから人数を減らしていこう!となると、第一に遠方に住んでいる方を減らす方が多いでしょう。
ですが、ちょっと待ってください。
遠いから来れないと判断して招かなかったとしても、そのゲストは「仲が良かったのに招かれなかった・・・」と寂しい気持ちにさせるかもしれません。
遠方に住んでいても、招きたいと思うゲストには、勝手な判断で除外するのではなく招待状を送るべきです。
また、その際には、遠いけど来てくれるのか、交通費はどのように負担するのか、をしっかりと確認しましょう。

 

招待客を絞り込む方法ステップ③今後の付き合い方で優先順位をつける

gahag-0066304919-1

さて、以上のようにこれで平等な判断をすることができますね。

さて、具体的にどのように絞るかというと、“今後の自分たち”を想像することです。
その上で今回招こうとしているゲストたちと、今後どのような付き合い方をすることになるか考えましょう。

仕事上ずっとお付き合いすることになるかもしれない方、家族ぐるみで交際するようになる方、
このような面を考慮して選別していくと自然とゲストを絞ることができるかもしれません。

 

 

また、招きたくても、どうしても結婚式へ呼ぶことのできなかった方へは、二次会へ招待しましょう。
「結婚式から参加したい!」と言われた場合は、もちろん「人数オーバー」などネガティブな発言は控えてくださいね☆

 

001-2-2