和装・神前式で挙式をする花嫁必見!!知っておくべきポイント

和装で挙式をあげるなら知っておくべきポイントとは?

日本人ならやっぱり和装で挙式をしたい!!そう考えるカップルも多いでしょう♪
今回は和装で挙式をする花嫁が知っておくべきポイントをご紹介します。

 

和装挙式のポイント①前撮りをしておく

6c544c92cc92ddac309580feb5fa3ca2_s

まず和装は重いです。だいたい5kgとなります。着ているだけで一苦労なんて花嫁も少なくありません。
白無垢やを選ぶ段階では、おそらく羽織るとか当てるくらいですので、重さや動きづらさまでは把握することができないでしょう。

そのため、ぜひ前撮りをしておくことをおすすめします。
前撮りをするとなると、着付け・メイク・少しの移動、と挙式・披露宴当日のプチリハーサルにもなります。
そのため、当日になってから「こんなはずじゃなかった!」なんてことは避けられるでしょう。

 

和装挙式のポイント②料理を楽しむならお色直しを早めに

gahag-0004701134-1

前の項でもありましたが、和装は重く動きづらく、慣れない方はご飯を食べるのも一苦労です。
花嫁が料理にがっつくのはみっともないですが・・・せっかくのお料理なのでしっかり味わいたいですよね。
少しでも動きやすいのは、やっぱりドレスなのでお色直しでドレスを選んであるのなら少し早めにお色直しをしても良いでしょう。
また、和装のカツラも重いので最初から洋髪にしておいても良いかもしれません。

 

和装挙式のポイント③下着選びをしっかりと!

trousers-underwear-nostalgia-past-54611-large

ウェディングドレスと同様に、和装にも専用の下着があります。
特に和装の場合、着崩れをおこすと大変みっともないです。
そのため、事前に専門店などでしっかりアドバイスをもらいながら自分に合ったサイズの物を用意しておきましょう。

最近では、ネットショップなども種類が豊富で入手しやすいですがしっかりと試せる実店舗まで足を運ぶ方がベストでしょう。

 

いかがでしょうか?和装は挙式には少しネックな部分もありますが、ウェディングドレスとはまた違った日本ならではの美しさがあります。
ぜひ、和装挙式のときはここで紹介したポイントを頭に入れておいてくださいね♪

 

001-2-2

この記事をシェア

スクエアバナー

出生届

Facebook(large)

todokeの公式アカウントをフォロー

todokeの公式アカウントをフォロー