『娘の友達が不良で影響を受けそうでこわい。付き合いをやめさせるべき?』【松本リリィ】

こんにちは、todoke編集部です。

こちらはいただいた相談やあるあるなお悩みにちょっと辛口でズバッと答えていく新コーナー。
元教師で指導歴多数な博多のおばちゃんライター松本リリィが人生相談に真剣にお答えます。
今回のテーマ&お悩みはこちら。

娘の友達が不良…影響受けそうでこわい。付き合いをやめさせるべき?

中学生の母親です。娘には小学校から一緒の友達がいるのですが、その子の授業態度は悪く、夜は駅前にたむろ。正直娘と付き合って欲しくないと思っています。思春期の子どもはやはり影響を受けやすいのでしょうか。無理やりにでも付き合いをやめさせるべきでしょうか。
(38歳/女性/パート)

gahag-0107418191-1

思春期の娘さんを持つ母親としては、心配な所ですよね。
その思いは分かりますが、「無理やりでも付き合いをやめさせる。」という言葉には賛同できません。

子供には子供の社会があります。友人関係も子供なりに築いている社会です。
側面から、遮断するような行動はしない方が良いと思います。

しかし親として、意見は随時伝えていく事は必要です。
その時は、言葉を選んで慎重に行ってください。

実体験に基づいた優等生娘と問題児Sの話

実は、筆者にも経験があります。
娘も中1の時に、それらしき(俗に不良と呼ばれる)女の子Sと親しくしていました。
娘は成績も良く優等生タイプ。かたやSは、校則を無視する問題児。
娘は、奔放なSに憧れがあったのかも知れません。何となくその子と付き合うようになって、乱れるようになりました。

gahag-0019898358-1

当時の本音を言えば相談者さんと同じで付き合って欲しくないと思っていましたが、とりあえず見守る事にしました

そこは娘も感じる事があるらしく、「Sは周りからは不良って言われているけど、いい所も沢山ある子だよ。」と私にアピールをしていました。

そんな時、学校でSが教師に歯向かう事件がありました。
娘はSを擁護したらしく、先生たちから目をつけられたと言います。
「納得がいかないし、先生たちはひどい。」と何度も言う娘。
なので、私も意見を言いました。

「Sは決められた事はちゃんと守ってる?その上で教師に意見するのなら分かる。でも自分はルールを守っていないのに、相手や教師だけに非があるとは言えないのでは?」

娘は黙っていました。

「あなたもSを友人と言うのであれば、きちんとさせることだよ。それが、あなたの友人と呼べるプライドなんじゃないの?」と告げました。

gahag-0019902996-1

娘も思う所があったようです。それから、ちょこちょこうちにSを連れて来るようになりました。
私も教師ですので会えば服装をチェックしたり、髪を染めている事に対して小言を言ったりしましたが、不思議と素直に頷いていました。

たまには夜、外に呼び出される事もありましたが、時間を決めて行かせました。
その代わり、絶対に約束を守る事は義務つけました。
夜間の外出は禁止にする方が簡単でしたが、抜け出そうと思えば出来ると思ったのです。

だから信用して、出す事もあっていいと判断しました。

娘が髪を染めたり、マニキュアをつけがっていたのは分かっていました。
それでも娘なりにぎりぎりの所で踏ん張っているのを感じていたので、許せる所は許しました。

今にして思うと、娘は〈教師の子供〉というプレッシャーにつぶされそうな所を、Sによって救われたのかも知れないと思っています。

Sもまた、私や娘によって、正しくある事の必要性を少しずつ取り戻したのかも知れないと思います。

gahag-0009434604-1

結論、中学を卒業して10年以上経つ今も、娘はまだSとやりとりしています。

笑い話ですが、先日Sがうちに来る時、娘に「服装と髪、これでOKかな?」と尋ねたそうです。

「中学生じゃあるまいし。」と大笑いになりました。
「中学生の頃おばちゃんうるさかったけど、嫌いじゃなかった。」と言われ、なんかじんときてしまいました。

 

大人も子供もなにがしらの縁で導かれています。
なのでその縁を横から親が断ち切るのではなく、その縁がおかしな方へそれていく事を防がなくてはならないのだと思います。

時には、道がそれる事もあるでしょう。
人にひっぱられて、それるかも知れない。しかし、ひっぱり返す位の強さと力をつけさせなければなりません。

折につけ、そういう話をしていくこそが大切だと思います。

そして最も大切な事は、自分の娘との信頼関係をしっかり作ることです。

これこそが、娘を守る、一番の道です。

yuriko 松本リリイ
博多のおばちゃんライター。元教師で問題児から外国人まで指導歴多数。
某大学 体育学部にて教育義手として就職後、某学校法人 専門学校にて副校長を歴任。
現在は、九州各高校にて講演活動中。一環して教育に携わり続けている。

001-2-2

おすすめ婚姻届

Fruits Garden

価格:1000円

商品詳細

クリィミーマミ Miracle Duet

価格:3000円

商品詳細

この記事をシェア

スクエアバナー

出生届

Facebook(large)

todokeの公式アカウントをフォロー

todokeの公式アカウントをフォロー