add_text-3

年収1000万の男と結婚して専業主婦を夢見る女がヤバい件【by.ヨウコ】

『年収1000万円の男と結婚して優雅な専業主婦ライフをおくりたい』
そう話すのは、都内在住29歳独身、現在婚活中のA子ちゃん。

こんなA子ちゃんみないなことを考えている女性はきっと少なくないだろう。
がしかし、漠然とイメージした“年収1000万円の裕福生活”の現実をきっとこやつらは理解していない。

今回は、ヨウコがしっかり真面目に、
年収1000万円に勝手に夢見る女たちの幻想をぶち壊そうと思います。

 

年収1000万円と結婚しても優雅な専業主婦ライフはおくれない

large
出典元:http://weheartit.com/

結果から言う。年収1000万円では大した贅沢はできない。

国税庁の調べによると日本の男性平均年収は、約500万ほどなんだとか。
となると、年収1000万は平均より2倍も多く稼いでいる。
なのに?一体なぜ?大した贅沢はできないのか。

実際の手取りは700万~800万円ほどで月に換算すると月50万ほど

まず、間違えないでいただきたいのが年収1000万円は、あくまで年収であって手取りではない!
お給料として実際に振り込まれる金額は税金(住民税・所得税)・社会保険(健康保険・雇用保険・厚生年金)が引かれる。
これらを考えると年収1000万円であっても、約700~800万円ほど。なんと300万以上も差し引かれとるがな。
月収で計算すると、ボーナスが出る会社であれば月50万ほどの支給。

年収1000万円から300万円以上引かれる上に、彼らには更に不幸が続くのだ。

税率の負担額がアップ・補助金が受け取れない!?

年収が上がるほど税金などが支払う額も大きくなることは知っての通り。
がしかし!その負担増の境界線が年収1000万に設定されているため、年収1000万円の人は損だ!とも言われている。
さらには年収1000万円を超えた段階で、児童手当や支援金制度などの補助が受けられなくなる。
やっとの思いで年収1000万円を超えたのに、待ってました!とばかりに国が張った網に入った1000万プレイヤーたちをとっ捕まえるのだ。

 

夢見る専業主婦希望の女が年収1000万円の男と結婚したら・・・

年収1000万円の男性と結婚して専業主婦で楽して生きたいって女ねぇ。
きっとそんな女は港区以外は住みたくないとか言うんだろう。

実際に私の知人で恋人が港区から渋谷区に引っ越すからと言う理由で別れた女がいたな・・・。
よし、そんな女たちに現実を見せるために港区で年収1000万円の男と結婚した場合は想定してやろう。

貯金すらできずただ夫の帰りを待つだけの生活が待っている

都内でも高級住宅街が並ぶ港区は、2LDK以上のマンション・アパートの平均はなんと30万越え。
1LDKでも21万以上。※ホームズ調べ
さて、具体的に考えてみようかね。
2人以上で住むことになるから間取りは2LDKで計算しよう。

家賃 :30万
光熱費:2万
携帯 :2万
食費 :4万
交通費:2万

最低限かかる月の合計金額はなんと40万円。これでも頑張って削ったよ?
あと10万円ある!と思っても、これが自由に使えるわけではない。
他にも夫のスーツのクリーニング代金、夫の仕事で発生する交際費、子供がいればもちろんプラスで費用が発生。

はーーー車もねェ!貯金もねェ!自分に使える金もねェ!
贅沢はァ!東京のォ!部屋からみえる夜景だけェ!
オラこんな生活いやだ~オラこんな生活いやだ~

車も買えない、貯金ができない、自分に使えるお金もない。むしろマイナス。
そう!スイーツな夢をみてたアホは港区で生活していくだけで精一杯なのだ。ぶはははははっっっっ

 

結論:裕福なイメージと現実ギャップで貧乏コースまっしぐらになるので要注意!

large
出典元:http://weheartit.com/

年収1000万円と言うと裕福なイメージがある人がほとんど。
そして、そのイメージのまま結婚して浪費しまくるとあっという間に家計は火の車。

高級外車に乗りたい、子供は幼稚園から私立に入れたい、ママカーストのランク上位に入りたい・・・
そんな、夫の金でセレブ妻になりたいなら少なくとも年収3000万円は必要。
だがしかし、その年収3000万円を超えるのは全体の0.3%以下とのことで出会った瞬間マスターボールを投げなければ捕まらない。

ただね、ひとつ言えることは年収1000万が年収900万より手取りが少ないなんてこはない。
だから、そこは安心してね。

まぁとにもかくにも、年収1000万円と言う変な区切りやイメージで勝手に夢を見過ぎるのは要注意ってこと。

 

ライター:ヨウコ 
アラサーでバツイチで婚約中
好き:生肉、うどん、ネコ

< 婚活コラムはこちら >

< 愛のままにわがままに コラムはこちら>

この記事をシェア

人気ランキング(週間)

人気ランキング(週間)

スクエアバナー

出生届

Facebook(large)

todokeの公式アカウントをフォロー

todokeの公式アカウントをフォロー