cover image:http://www.thevillagechurch.net/

ベビ待ち・ママさん注目♪会社員は出産後も仕事を続けるべき?メリットと給付金制度とは

産後も会社員でいた方が金銭面で得!?

妊活1か月目、期待しすぎて身体の変化に神経をとがらせ続け、あっさり月のモノが先日きてしまった筆者です。
やはり妊娠は奇跡!授かりものと心得て、気長に構えるのがよさそうですね。。

 

 

さて、今回は働くベビ待ちさん・プレママ達へ、会社員は出産後も仕事を続けるメリットをご紹介したいと思います。

筆者自身、「子供を授かったら仕事は辞めよう」なんてぼんやり考えていたクチですが、色々と学んでみて「会社員でいたほうがゼッタイ得!!」という結論に至りました。

 

①出産育児一時金

gahag-0110307774-1

まず、出産一時金という制度から。
出産自体にかかる費用はだいたい平均すると「40~50万円」と言われています。
なんと加入している健康保険から、1人当たり「42万円」が支給される仕組み。双子ちゃんなら「42万円×2=84万円」!
これは、健康保険(扶養も含む)に加入しているママなら誰でももらえる権利がある一時金です♪

 

②出産手当金

5-2_babyroom出典:http://hdwallnpics.com/

仕事を続けるママのために、産休中のお給料がもらえない期間をサポートしてくれる手当金があるのをご存知ですか?
これは出産するからと退職してしまってはもらえないお金なんですね。
産前42日~産後56日のあいだ、およそ3か月間は健康保険団体から今のお給料の8割程度をもらえるようです。

これは健康保険に加入している契約社員やパートを含む会社員のみの特権!
健康保険に継続して1年以上加入していればOKです。

また、どうしても退職したい場合は、退職日を出産日(もしくは出産予定日)から遡って42日以内にすれば、ギリギリ受給資格はもらえるようですよ♪ここは会社に応相談ですね。

 

③育児休業給付金

5-3_young-mother出典:http://www.sheknows.com/

さらに、産休後に育児休暇を取得する場合、子供が1歳(最長で1歳6か月)になるまでのあいだ、収入のないママのために給付されるお金があるんです。
それが育児休業給付金。だいたいお給料の5割程度はもらえるようです。なんともありがたい制度ですね♪

このお金は「あくまで仕事復帰することが前提」のものですが、仮に退職した場合は、「退職日の属する期間の1つ前の支給対象期間(※退職日の前月の支給対象期間)」まで支給されるそうです。
育児休業を開始した日から4ヶ月を経過する月の末日までに必要書類を提出する必要があるそうなので、注意しましょう。

 

■どれくらいもらえるの?を自動で計算!

Image of pink piggy bank surrounded by stacks of dollar bills

さて、では実際に「どれくらいもらえるの?」という疑問がわいてきますよね。
そこで、私が使っている便利ツールをご紹介します。

【2016年最新版】産前産後休業・育児休業給付金/期間・金額計算ツール

 

出産予定日と現在の給与額を入力するだけで、「いつ、いくらもらえるのか」がわかっちゃうツール!
産休がいつから始まるのか、保育園に入れなかった場合に育休を延長したらもらえる金額まで、全部分かります。
目下、これで将来の生計プランを立てている最中です。肝心な「出産予定日」は、あくまで妄想で(笑)。

 

いかがでしょう。もうご存知だった方も多いかとは思いますが、私は正直知った時に驚きました。
ママにこんなに手厚いサポート制度があるなんて…。

いずれ仕事には戻るつもりでいるのであれば、失業保険をもらうより、育児休業を取得するほうがいいかも?
それにもし待機児童の多い地域であれば、退職してから保育園に預けるのにはかなりの労力を強いられます。
優先順位を自分の中でよく考えて決める必要がありそうですね。

おすすめ婚姻届

Pompompurin Honey Cake

価格:3000円

商品詳細

リラックマ(ネコテーマ)

価格:3000円

商品詳細

この記事をシェア

スクエアバナー

出生届

Facebook(large)

todokeの公式アカウントをフォロー

todokeの公式アカウントをフォロー