【婚姻届の書き方】婚姻届を提出するときに必要なもの

婚姻届を提出するとき必要なもの

婚姻届の提出に必要なものをご説明いたします。
提出時にあわてないために、しっかり確認しておきましょう。

婚姻届を提出するときに必ず必要な物

〈1〉婚姻届

〈2〉戸籍謄本または戸籍抄本(本籍地以外で提出する場合)

ここで注意しなければいけないのが、ふたりのどちらかが本籍地ではない場合です!
その場合は、本籍地ではない方の戸籍謄本(もしくは戸籍抄本)を持参しましょう。

例)自分の本籍地:千葉 彼の本籍地:東京 提出先:東京
この場合は自分だけ戸籍謄本(もしくは戸籍抄本)が必要です。

念のため持っていく物

〈3〉ふたりの印鑑(旧姓)

婚姻届に押したものと同じ印鑑です。 万が一、不備があった場合、訂正印を押して訂正すれば受理してもらえます。

〈4〉ふたりの身分証明書

・運転免許書 ・パスポート ・マイナンバーカード など

未成年の場合

父母(養父母)の同意書

夫婦ふたりともに未成年の場合は、それぞれの両親の同意書が必要です。

同意書の雛型は役所でももらえます。
同意書には、両親の氏名、生年月日、本籍地、住所(住民票に記載されている住所)を記載し、押印します。

なお、何らかの事情で父母のどちらかが死別している、居場所がわからない、両親の一方からしか同意が得られないなどの事情がある場合はどちらか一方の同意があれば届出できます。  

おふたりにとって素敵な入籍日になりますように♡

 

この記事をシェア

出生届

Facebook(large)

LINE@

todokeの公式アカウントをフォロー

todokeの公式アカウントをフォロー